地盤調査・地盤保証

地盤調査
安心できる住まいへの第一歩

Soil Investigation

あの暑い野原のまんなかで、
いまも毎日はたらいている

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。それほどわたくしが所長にもみんなにも働いていると思われていたのか、ありがたいありがたいと心の中で雀躍じゃくやくしました。

叮嚀ていねいに礼をして室を出ました。それからその辞令をみんなに一人ずつ見せて挨拶してあるき、おしまいに会計に行きましたら、会計の老人はちょっと渋い顔付きはしていましたが、だまってわたくしの印を受け取って大きな紙幣を八枚も渡してくれました。ほかに役所の大きな写真器械や双眼鏡も借りました。

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。

地盤調査とは

大阪・京都は地盤が強いといわれますが、やはり実際に家を建てる土地の地盤を知って、安心できる住まいを建てたいもの。このように、建築予定地の地盤を調査することで、軟弱地盤であった場合は地盤改良工事を行ない、安心できる建物を建築することができます。つまり地盤調査とは、必要な対策を施すための建築前の準備といえます。調査自体は基本的に1日~2日で完了するものですので、建築工数への大きな負担にはなりません。安心の建物を提供するために、実績を多く持つGI工業をご活用ください。

なぜ必要なのか

平成21年10月1日からスタートした住宅瑕疵担保履行法により、住宅品質保証法で定められた10年間の瑕疵保証を確保するためには地盤調査をしなければなりません。新たに建物を建てる際、地盤保証がなければお施主様に不安を与えることになりますし、万が一の不同沈下時の保険請求で多くの問題がでてしまいます。GI工業では、緊急の調査が必要になった場合でも迅速な対応が可能ですので、まずはお問合せください。
項目を追加

対応調査

Correspondence Investigation
001.Catchcopy text

夏でも底に冷たさを
もつ青いそら

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青い草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、青い草の波。
最も普及している地盤調査方法

スウェーデン式サウンディング試験

1KN(約100kg)のおもりの荷重と、ロッドを回転させた際の土の貫入抵抗を測定し、その硬軟と地盤の締まりを判定する原位置試験です。装置がシンプルで操作も容易。迅速に測定ができ、貫入能力に優れているなどの利点もあって、戸建住宅など小規模構造物の地盤調査方法として最も普及しています。
硬い地盤でも高い精度の調査が可能

オートマチックラムサウンディング試験

ロッドの先端に弾丸のようなコーンを取り付け、ハンマーを連続的に落下・打撃貫入させてデータを取ります。スウェーデン式サウンディング試験では困難だった「N値が30を超える地層」でも測定が可能で、深度30mまでその場で自動測定ができるなど、簡易性・経済性に優れた地盤調査方法です。

ボーリング標準貫入試験

63.5kgのおもりを75cmの高さから落下させ、サンプラーを土中に30cm貫入させるのに必要な打撃回数を測定する試験になります。
この試験が必要になるのは、3階建てや鉄骨造の確認申請で「構造計算書」を添付する際です。
スウェーデン式サウンディング試験よりも、深い層、硬い層に対応することができます。
急斜面でも計測できる対応力が特徴

簡易動的コーン貫入試験

5kgのハンマーを500mmの高さから手動で自由落下させて、先端のコーンが10cm貫入するのにかかった回数を測定する地盤調査方法。装置が10~15kg程度と比較的軽量なこともあり、硬い地盤では使えないが、狭小道や急斜面でも試験を行なうことができる機動性と低コスト性が特徴。
振動を使った測定方法

表面波探査試験

表面波探査は、地震波の一種である表面波を用いて行なう物理探査の一種で、振動を用いた地盤調査方法です。振動は、硬い物質ほど早く伝わり、柔らかい物質では遅く伝わるという性質を利用し、地盤の硬軟を判断。地面に上下に震動する起振機と二つの検出器(加速度センサー)を設置し、検出器間の地盤を伝わる波の速度を測定し数値化します。
短時間で地盤の支持力を測定

平板載荷試験

平板載荷試験は、基礎を設置する深さまで掘削を行い、基礎に見立てた小さな鋼板(直径30cmの円盤)を置いて、実際の建物の重量に見合う荷重をかけて沈下量を測定し、地盤が安全に支持する力を判定する試験です。比較的短時間に地盤の支持力を直接的に測定できるというメリットがあります。
項目を追加

住宅地盤保証システム

Residential ground guarantee system

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

3億円を上限に、100%の保証

地盤調査と保証をセットにした、安心の地盤保証システム
京都市を拠点に置くGI工業では、株式会社トーセフィールドと業務提携し、地盤の品質を保証するための地盤調査+保障をセットにしたシステムを導入しています。最大3億円までの復旧費用を補償するもので、お客様のお住まいを地盤から保障いたします。これからも安心してお住まいいただくために、ぜひオススメしたい保障です。
項目を追加

保証メリット

項目を追加

システムの流れ

System Flow
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

調査

お住まいを建てる前に土地に対する調査が必要となります。地質や工法に応じて最適な工法をご案内いたします。
02

解析

調査から得た情報を基に確実な解析を行ないます。そうして得た情報から地盤の状態を判断します。
03

報告

調査結果を基に正しく報告を行ないます。結果に応じて地盤補強が必要か、不要かの判断が可能となります。
04

対策

調査結果を基に、弱い地盤を補強いたします。状態によって方法はさまざまです。
05

保障

土地に問題がなければ証明書を提示のうえ、保証をいたします。
項目を追加